常にひとつ上の安全を目指して

中部電力の原子力発電所である浜岡原発は海のそばであること、東海地方であることなどから地震による影響が非常に危惧されている原発の1つですが、この浜岡原発ではその津波対策のために堤防を建設しています。今回、その堤防を越える津波が来た場合についての実験を行ったようですが、その場合については建屋周辺が水びだしになるなどの被害を受けてしまったようですが、その堤防を4メートルかさ上げすることによって敷地内への水の侵入を防ぐことが出来たようです。重要な機器まで浸水しない対策を取っているために大丈夫としているようですが、いざ地震が来たとなればどうなるのか分からないのは間違いないと思いますので、安全だとは思わず、常に1つ上の安全を目指して努力してほしいなって思います。それぐらいの気構えがあれば、周辺の方々も原発を動かすことについてはあまり言わなくなるのではないのかなって思ったりもしますね。もちろんそれでも反対っていう人もいるのではないかと思いますが・・・ミュゼ背中脱毛

ブラジルでカーニバル

ブラジルでは毎年、カーニバルが開催されその様子っていうのはたびたび日本でもニュースで報道されるなどしています。その盛り上がり方はやはり南米ということもあるのか、日本ではなかなか見ることが出来ないほどの盛り上がりを見せていますが、そんなカーニバルで毎年、問題になるのがトイレの問題なんだそうです。 Read the rest of this entry »

脱毛サロン選び

初めて脱毛する場合のサロン選びは、
やはり実績のあるサロンでしたほうが安心です。
ネームバリューが高ければ、変な噂はあっと言う間に広がるので、
下手なことはできないですから。

あとは最初に初めての方用のお得なプランがあることが必須。
それをすることで脱毛とはこんな感じなんだと、
試すことができたほうが安心ですよね。
Read the rest of this entry »

ランチに対する意識

ランチっていうのは毎日の楽しみの1つだとする人も多いかと思いますが、そのランチに関する調査では男女でのランチに対する意識っていうのがちょっと違っているというのが見え隠れするみたいです。ランチでよくいるジャンルのお店としては定食屋や社食などがやはり人気となっているようですが、定食屋っていうのは女性に比べると男性からの指示が圧倒的に大きいようです。また、女性では洋食屋やファミリーレストランといったところが非常に人気が高くなっているようです。このランチに対する予算ですが、男性が600円程度で女性は680円程度となっているようです。女性のほうが予算としては少し多い印象ですが、頻度で言うと男性よりも女性のほうが少ないことから、女性はせっかく行く時は自分の好きなものを食べたいっていう意識が働いているのではないかということになるみたいですね。また、昨今増えている弁当男子ですが、これが5人に1人ということで、結構、多くの人が弁当男子になるようです。脱毛サロン 比較 ランキング

ダイエットに成功

久しぶりに会った友達がとっても痩せて綺麗になっていた。
彼女は結婚してものすごく太った。
5年前の同窓会の時、みんな彼女に気づかないくらいだった。
それが相当ショックだった様子。

どうやって痩せたのかと聞いたら、
車をやめたとのこと。

私の実家は愛知県の三河地方。
トヨタ自動車が有名な地域なので、そのせいなのかわからないけど、
車の保有率が多分全国でもベスト3ではないかと思う。

そんな地域なので車が手放せないが、
彼女は頑張って車を我慢し、歩くと言う方法で、
何ヶ月か頑張ってみたらしい。
(駅まで歩いて30分かかるのに・・・)

そしたら、それが効果てきめんだったようだ。

やっぱり歩くことは健康にもダイエットにもいいのですね。
ウォーキングで痩せるとか聞いたことありますよね。
でも、絶対痩せたいと言う強い意志がないと、
なかなか難しいと思います。

痩せるためにウォーキングを始めたと言う友達もいましたが、
それが上手く行ったパターンは数少ないです。
絶対と言うモチベーションがなければいけません。

綺麗に痩せた彼女は、同窓会と言う引き金が、
彼女の闘志を燃やし、とことん歩くと言う追い込み作戦が、
功を奏した様子。

私も何か始める時は、強い意志と自分を追い込むことで、
達成させようと思いました。

しかし、追い込みながら楽しむことも考えたい。
そうしないと私の場合、途中でものすごく辛くなって、
逃げ出したくなるから。

まあ、人それぞれってことですね(笑)
上手くバランスを取りながら、しかし志は深くが正解かな。

アテニア トライアルセット

下着が基準?

冬になるとつい億劫になるむだ毛の手入れ。
特に年齢と共に面倒になっていく。

下着のセールスをしてる友達がよく言っていた。
「けっこうきれいな40代くらいの人の方が、
下着は汚れてたり破れてるんだよ。」

彼女は下着の試着なんかをご家庭に出向いてする仕事だった。
結局だんだん、見えない部分は飾らなくなっていくらしい。

よく芸能人が「中身も気を使ってる。」
と言うけれど、一般人はなかなかそんな人がいないのかも。
だって、もう見せる機会もそんなにないしね。

なので、離婚したばかりの人が、
急に綺麗になるのは、まだもうひと花!なんて言う気持ちが、
自然とにじみ出るのではなんて思う。
だから、むだ毛の処理もきっとまた始めるんだろうな。

やはり、見えない部分にまで美を意識すると言うのは、
なかなかきっかけがないと難しい。
そのきっかけを、自分の中で探すと努力と言うのは、
とても大切なことだとう思う。

それがあるからいつまでも若くきれいでいられる。
むだ毛の処理なんかも、きちんと出来て、
いつもすきがない美女・・・・。
いつまでもそんな年の重ね方をしたいものだ。

人間の習性?

大事なことをしなくてはならない時に、
急に中断してどうでもいいことを始めることがよくあります。

私は、つい足の爪を剥いてしまったり(痛くはないので怖がらないで)
髪の毛をみつあみしてしまったり、
なんも考えなくてもいいことをやってしまいます。

人間の本能なんでしょうか、
大事なことをしなければいけないのに、
どこかで逃げたい自分がいると言う。

うちの娘は昨日、突然袋を作り始めました(笑)
フェルト布で急にやり始めました。
奴は現在、福祉関係の大学に通っており、
レポートを書かなければいけない身。
ここにもいました。どうでもいいことを始める奴。

そういえばFM局の朝の情報ラジオ番組で、
モエヤンのあいさんが話していましたが、
あいさんは体の毛を抜き始めるそうです。
それもわきの毛。さすがヌーブラヤッホー。

で、あまりにも自分がそっちに走るのが悔しくて、
全身脱毛したそうです。
その気持ちわかる。
私も大学受験の時に、髪の毛をあまりにいじる自分が嫌で、
ベリーショートにした事あります。

・・・・あれからなんの進歩もないということですな。

米肌 コーセー

スターターセットが便利

どの化粧品が肌に合うのかは、
その時に肌の調子だったり、
年齢によることもあるだろうが、
なかなかこれと言うものに出会うまでには、
時間がかかる場合がある。

私の場合は、20歳から化粧を始めたが、
OLの頃はなかなか自分の肌に合う化粧品が見つからなかった。
買うたびに違うメーカーを勧められたり、
これだと思ったメーカーの物が、あまり評判がよくないと、
なんとなく買い控えてしまったり・・・。

今は、スターターセットが便利だ。
昔は今ほど通販化粧品がなく、
主要メーカーの試供品はそんなに何日分ももらえなかったし、
第一そう言った試供品のお値打ち販売がなかった。

でも、今は1000円くらいで1週間分を試すことが出来る。
本当にありがたい。

私は、ある主流メーカーの商品が肌に合わなかった。
それ以来、本当に化粧品選びに臆病になっていたが、
ある日友達に紹介されて、通販の化粧品の1週間お試しセットを使ったら、
肌がとてもきれいになった。

今までの化粧品の中で一番だった。
匂いが苦手な私だが、匂いも気にならない。

やっと、巡り合えたと本当にうれしかった。
もう5年程になるが、変える必要がないほどは肌に合っているので、
今もずっと使い続けている。

スターターセットと言うのは、とてもよい販売方法だと思う。
化粧品の通販が新境地を開いたと私は思う。

お肌に合う化粧品探し

肌に合う化粧品を探すのは難しい。

たいてい、化粧品には無料お試しサンプルや、
通常より安く少量で売っているお試しセットなどがあり、
試そうと思えば何のことはないのだが、
結局、まあこれでいいよねと、試さず諦めてしまっていませんか?

特にもう年齢がいってしまうと、
もういいやと思ってしまいがち。

でも、肌に合った化粧品を使うか使わないかで、
今後の肌の良しあしが決まる。
特にエイジング世代の50代60代は、
肌の状態だけで年齢が違って見える。

若い頃はどの化粧品が肌に合うか、
結構色々なものに行っては戻り、また行ってみたり・・・。
化粧品をつける時、「これは果たしていいのか」
と、内心悩みながらつけていたけれど、
自分に合った化粧品を見つけてからは、
信頼しているのもあり、とても安心だ。

そう、自分の肌に合った化粧品に巡り合うと、
気持ちを安定するのだ。
これがあるから私は大丈夫だと。

私は、今はもう同じメーカーの化粧品を、
15年近く使っている。お試しセットがスタートだ。
肌の調子もいいし、綺麗になれると信じて使っているから、
肌年齢も若返ったようで、先日の肌診断は良好でした!

ミュゼプラチナム 40代

自己処理は私の責任?

ワキ毛が最近生えてきません。
もう50歳になったからかしら。
楽ちんです。
だって、処理しなくていから。

まあ、冬になるといつも面倒で、
生やしてましたが・・・。
(女子失格)

そんな私もちょっと最近さみしい。
むだ毛の処理をしていた頃の、
あのちょっとセクシーなポーズを、
取ってみたい気もします。

我が家の娘たちは、
毎日お部屋であのセクシーポーズをとりつつ、
イライラしながらむだ毛と格闘。
「ああ、サロンに行きたい。」
サロンとはむだ毛処理専門のサロンです。

最近CMでかわいい女の子が、
海なんか走っちゃってキラキラしてるのやってる。
朝の情報番組の中盤とかが多い。

最初はなんのCMだったかわからなかった私。
娘たちにあの子は何やってんだと言って、
白い目で見られました。

だんだん女子力が半端なく下がってることにがっくり。
おまけに娘たちにとどめを刺された。

「ママが毛抜きで抜けばいいって言うから、
長年の毛抜き処理でワキが毛穴だらけになっちゃった!」

ええ??私の責任ってわけ?!冗談じゃないわ!
じゃあ、私のワキなんで大変なもんよ、きっと。
どれどれ・・・。

・・・・寒いから春になったらじっくり見よう。
(ああ・・・美魔女の道は私には用意されてないらしい)